如何來預防癌症

從口口相傳,可以解釋的是,如果你不注意生活中的健康飲食,它會導致身體疾病,更糟糕的是,你會患上可怕的癌症。在這種情況下,我們也可以從飲食開始預防癌症。例如,吃更多人們沒有注意到的便宜食物。

1、蘑菇

抗癌優勢:許多蘑菇含有很多抗癌礦物質——硒。結果表明,草菇提取物能抑制前列腺癌細胞的分裂,使腫瘤變小。

年紀增長、家族遺傳、煙酒過多、缺乏運動、高脂飲食習慣等都是引起大腸癌的成因,透過改善生活習慣和留意早期病徵,是可以避免的,當出現血便、無故腹痛、大便習慣有變等,應立即求醫檢查,及早治療,長期存活率高達五成或以上。

食物提示:蘑菇不宜長時間浸泡,可用濕布或軟刷子輕輕擦洗,如有痛風,最好不要多吃。

2、土豆

抗癌優勢:馬鈴薯含有糖體抵抗力,降低血壓,預防心血管疾病,能降低血糖水平,預防糖尿病。馬鈴薯外源性凝集素具有抑制腫瘤生長的作用。

食用注意事項:*所需的各種營養素的50%可以在馬鈴薯中找到。因此,專家建議每天至少吃一個小馬鈴薯。牛至,膳食纖維,維生素C,凝集素和鉀等成分可以增強人體抵抗力。

3、苦瓜

防癌優勢:西方醫學已經證明苦瓜的抗癌作用來源於一種奎寧樣蛋白,它是一種能激活免疫細胞並通過免疫細胞殺死癌細胞或其他異常細胞的活性蛋白。苦瓜種子含有蛋白酶抑制劑,能抑制癌細胞分泌蛋白酶,從而抑制癌細胞的侵襲和轉移。

大腸癌是香港常見癌症的首位,但不少人仍然擔心到醫院做大腸鏡檢查,會帶來不適而錯過治療良機,其實大腸癌是唯一可以預防的癌症,只要透過檢查,及早發現及切除大腸瘜肉,便可避免變成癌症,所以定期接受檢查,是對付腸癌的最好方法。

飲食注意事項:脾胃虛弱的人不吃苦瓜,因為苦瓜性質寒冷;此外,苦瓜中含有奎寧,會刺激子宮收縮,導致流產,孕婦避免進食。

除了上面提到的便宜的食物,還有什么其他的食品有抗癌作用?在預防癌症方面,甜瓜比普通食品有優勢。不僅可以預防乳腺癌,還可以預防大腸癌。不過,葫蘆不能生吃哦!吃飯前一定要做飯。

相關文章:

吸煙者的飲食防癌事項

盲目或不規則地使用某些食物或致癌

防癌飲食遵循四要點

飲食防癌要細嚼淡味

貪喝汽水易引起食道癌

Genting Hong Kong narrows initial 50 % decline

Genting Hong Kong narrowed its reduction to US$141.3m from the very first 6 months of 2018, down from $203.2m during the initially half of 2017.

Revenues increase 46%
Revenues ballooned 46%, to US$778m, up from $533m.

Plan your holiday with a Hong Kong Cruises trip to or from for a unique experience. The spectacular view of the Hong Kong Victoria Harbour from a cruise ship is definitely a highlight to your trip Cruise income enhanced 36% to $642m, when compared to $471m, on 26% additional capacity times, thanks to the inclusion of Desire Cruises' Entire world Dream and 4 Crystal River Cruises vessels, although internet yield rose twelve.3%, to $176.90 from $157.50. Occupancy was eighty four.4%, up from seventy five.7%.

Internet cruise charges elevated 18% to $451m from $382m, excluding start-up charges for brand new ships within the very first 50 percent last 12 months. Having said that, internet cruise expenditures for every capability day declined 6%, to $155 from $165, as a result of efficiencies, offset by greater gasoline rates.

Cruise-related altered EBITDA, excluding start-up costs for brand new ships while in the 1st fifty percent of 2017, improved to $63m from $18m. The improvement was partially offset by lessen cost capitalization for shipbuilding expenses for your shipyards in the very first fifty percent this year, as a result of a lower than anticipated generation level.LEUNG Chung fan

Bigger cost capitalization for shipbuilding forecast
Together with the keel-layings for twenty,000gt expedition ship Crystal Endeavor this month, and for that initial 204,000gt Global-class ship in September, Genting HK expects shipyard utilization to increase, resulting in higher value capitalization for shipbuilding.

相關文章:

Hong Kong Ushers in New Era as Asia?s Cruise Hub

Genting Hong Kong narrows initially 50 percent decline

Genting Hong Kong narrows 1st 50 % decline

Hong Kong Ushers in New period as Asia?s Cruise Hub

Hong Kong Ushers in New period as Asia?s Cruise Hub

すぐにすみますよ」と


「ミルクだ」ウルフは断固たる口調で言った。
「金はあるのかい?」仏頂面の男が問いただした。
 ウルフが財布をじゃらつかせると、男はにわかに表情をやわらげた。
「あの人はどうしてあそこで寝ているの?」ガリオンはテーブルのひとつにつっぷしていびきをかいている村人を指さした。
「酔っぱらっているのだ」ウルフは高いびきの男をろくに見もせずに答えた。
「だれか介抱してあげたほうがいいんじゃない?」
「むしろそっとしておいてもらいたいんだよ」
「あの人を知ってるの?」
「あの男もああいうやからもたくさん知っているさ。わし自身ときどきああなったからな」
「どうして?」
「そのときはそれがふさわしいことに思えたんだ」
 焼き肉は焼きすぎでパサパサしており、肉がゆは水っぽく、パンはかび臭かったが、ガリオンは腹ぺこで気づかなかった。教えられているとおりに皿をきれいにパンでぬぐうと、かれはミスター?ウルフが二杯めのビールをちびちび飲むあいだおとなしく坐っていた。
「とてもおいしかったよ」本心というより何かを言う必要にかられて、ガリオンは言った。アッパー?グラルトは総じて期待はずれだった。
「こんなもんだろうよ」ウルフは肩をすくめた。「村の居酒屋は世界中どこでも似たりよったりだ。また行きたいと思わせるものにはめったにお目にかからん。さて、行くか?」かれはコインを数枚置いた。仏頂面の男がそれをつかんだ。ウルフはガリオンを連れて再び午後の陽ざしの中へ戻った。
「おばさんの言った香辛料の商人を見つけよう。それから一晩の宿泊所と――馬を休ませる厩をさがす」かれらは居酒屋のわきに馬車を残して通りを歩きだした。
 トルネドラ人の香辛料商人の家は、次の通りにあるのっぽの建物だった。短いチュニックを着た浅黒いがっしりした男が二人、通りにたむろしており、店の正面ドアの近くには、奇妙な武装した鞍をつけた獰猛そうな黒い馬が一頭立っていた。
 かれらを見るなりミスター?ウルフは足をとめた。
「どうかしたの?」
「タール人だ」ウルフは静かに言って、二人の男をじっと見た。
「え?」
「あの二人はタール人だ。通常マーゴ人の人足として働いている」
「マーゴ人て?」
「クトル?マーゴスに住む連中のことさ」ウルフは短く言った。「南部アンガラク人だ」
「〈ボー?ミンブルの戦い〉でぼくたちがやっつけた? どうしてあいつらがここにいるんだろう?」
「マーゴ人は商売をはじめたのだ」ウルフは眉をひそめた。「それにしても、こんな人里離れた村で見かけるとは思わなかった。中へはいったほうがいい。あのタール人たちはわしらを見ていた。今回れ右をしてひき返したら変に見えるだろう。わしのそばを離れるんじゃないぞ、ぼうや、何もしゃべるな」
 かれらはいかつい二人の男の前を通って、香辛料商人の店にはいった。
 店主のトルネドラ人は床まで届く茶色の帯つきのガウンをはおった、やせた禿頭の男だった。かれは神経質に目の前のカウンターの上で、ツンとする匂いの粉包み数個の重さを計っているところだった。
「いらっしゃい」店主はウルフに声をかけた。「少しお待ちを。すぐにすみますから」その舌たらずなしゃべりかたがガリオンには奇異に思えた。
「ごゆっくり」ウルフはしわがれ声でぜいぜいと言った。すばやく老人に目をやったガリオンは、かれが背を丸め、愚かしげに首を上下させているのを見てびっくりした。
「そっちを先にすませてやれ」店内にいたもうひとりの人物が短く言った。鎖かたびらをつけた浅黒くがっしりした男で、腰には短剣をさしている。頬骨がはった顔には残忍な傷跡がいくつも残っていた。目は妙に険しく、声は耳ざわりで、強いアクセントがある。
「急ぎませんから」ウルフは先刻のがらがら声で言った。
「おれの用件はかなり時間がかかるんだ」マーゴ人は冷淡に言った。「せかされるのは好まん。買う物を店主に言うんだ、じいさん」
「では、お言葉に甘えさしてもらいますわ」ウルフはしわがれ声で言った。「どっかにリストがあるはずじゃ」かれはのそのそとポケットをまさぐりはじめた。「わしとこの主人が書いたんじゃが、わしは読めんで、あんたに読めるといいんじゃが」ようやく一覧表を見つけて、トルネドラ人にさしだした。
 店主はそれを一瞥すると、「これならマーゴ人に言った。
 マーゴ人はうなずいて、ウルフとガリオンを無表情に凝視した。と、その目がかすかに細まり、表情が変化した。「礼儀正しそうな子供だな。名前は?」男はガリオンに言った。
 その瞬間まで、ガリオンは生まれてから一度も嘘をついたことのない正直な少年だった。だがウルフの態度は、ごまかしといつわりの世界をそっくりかれの目の前にくり広げていた。頭のどこか奥のほうで警告の声が聞こえたような気がした。乾いた冷静な声が、これが危険な状態で、身を守る手段をとるべきであることを忠告している。ガリオンはぽかんと口をあけ、頭のからっぽなまぬけの表情をよそおった。「ランドリグだ、だんなさま」ともぐもぐ言った。
「アレンド人の名だな」マーゴ人の目が一段と細まった。「おまえはアレンド人には見えん」
 ガリオンは口をあけて男を見た。
「おまえはアレンド人か、ランドリグ?」マーゴ人は重ねて問いつめた。
 目まぐるしく頭を働かせながら、ガリオンは考えをまとめようとするかのように顔をしかめた。乾いた声がいくつかの代案をささやいた。
「おとうさんはアレンド人だった」とかれはやっと言った。「でもおかあさんはセンダー人で、ぼくはおかあさん似だっていわれる」
「アレンド人だったと言ったな」マーゴ人はすばやく言った。「すると父親は死んだのか?」傷跡のある顔は真剣だった。
 ガリオンはばかみたいにこっくりした。

ネセガはもう一




 惑星コデルでは、勤務を終えたマリオンが14日(地球では2週間)ぶりに帰宅しようとしてランシーター(3輪自動車)を駆っていた。

 (保安部もあそこまで言わなくても…。)

 黙っていられず記者会見に乱入しSCOTT 咖啡機たマリオンだったが、会見を打ち切った保安部から呼び出された。そして保安部長から直接厳しい言葉を浴びせつけられていた。

 保安部長:「キミは何ということをしてくれたんだ!アレではスエヒロ隊長の疑
       惑がますます強くなるばかりじゃないか!そればかりか、キミが
       デユールに変身している“疑念”まで相手に抱かせた、きっとなッ!」

 マリオン:「すみませんでした。つい頭に血が上ってしまいました、反省しており
       ます。」

 保安部長:「反省すればそれでイイってモンじゃないだろ!アタマ悪いな…カッと
       なってミスするようだと、戦闘も任せられない
       じゃないか!所詮はヤセテールだな。考えが浅はかすぎる。」

 (だいたい、誰も割って入らないから…仕方なくオレが出て行ったんだ。オレが行かなきゃ、補佐官がきっと失言したハズだ。むしろお礼を言われるべきじゃないのか、オレが。うまく幕引きできたんだから…。

でも、アレは嬉しかったな…♪)

 スエヒロ:「こってり絞られたようだね。でも、私自身はとても嬉しかった。
       隊長としてではなく、スエヒロ・プルマとして。キミのような
       部下がいることに喜びを感じたよ。」

 (だって♪隊長という立場じゃなくて、個人的にってところが。)

 マリオンは憧れのヒトであるスエヒロ隊長から褒められたことに、少し浮かれてSCOTT 咖啡機開箱いた。なので気付かなかった…。

 (あのオンナ、スキだらけだな…。)

 マリオンのランシーターを追うランシーターがあった。運転者はタネセガ記者だった。マリオンは自宅駐車場でクルマを降りても、まだ後方のタネセガと同乗していたもう一人の記者に気付いてなかった。マリオン宅の樹木の陰に身を潜めたタ人の記者に合図を送った。

 ワンワンワン!!

 50メートルほど離れた隣家に繋がれた犬のような動物・クドが急に吠え出した。すると、そのクドに閃光と共に電撃が走ったのだ。
開錠しようとしたマリオンは、その様子にさすがに異変を感じ手を止めた。

するとクドは見る見るうちに巨大化していく…姿を凶暴そうに変えながら。そして巨大化に伴い繋がれていた小屋はバラバラの瓦礫と腰痛治療なった。

この事態に上着の内ポケットをまさぐったマリオン。(持っててよかった!)彼女は変身道具である短剣の柄についたボタンを押した!

 (思惑どおり♪)ニタニタ笑うタネセガ。

 <その6へ続く>

ナイーブなため



政治も激変、変革、旧来のものを見直す時期に来てDerma 21 黑店いる。
古きものは、良いものばかりではない。
良いものを見極め、再構築し、新しく創造していくポイント地点。
走る速度を緩め、とりあえずは、サビたBODY&SOULをメンテナンス、修復しようと思う。



家電店で、パソコンの近くに、電子ピアノが展示してあった。
とても美しい、うっとりする音色を奏でている。
プロのピアニストも、いらないのではないかと思うほどだ。

サンプルとして、演奏していたピアノは、展示されていた中で、一番高価なものだった。
高価すぎるので、手が出ないから、買おうか、どうしようか、と、悩みのツボに落っこちなくてよかったが。
どこかの国で保護された、記憶喪失の若い男性ピアニストが、いたっけ。
あの人が、実は透明人間になって、奏でているのか???
そんなわけはないだろうけれど、
ケアハウスか、老人ホームの個室で、ひとり、うっとりピアノに聴き入る自分を想像した。
膝の上には、電子猫をのせて、頭をナデナデしながら・・・

私も、ほんのすこぉし、ピアノは弾けるのだが、
余裕が出てきたら、みっちり練習しよう、なんて思っていたが、その気が失せた。
あんな美しい音色を聴かせてくれるピアノがあるなら、あれを買えばいいんだ。
そうやって、易きに流れ、指の運動を怠り、またひとつ、ボケに近づいていくのだろううか。

あ、それと、電子辞書。
これは、とってもスグレモノだ。
一番のお気に入りは、ネイティブスピーカーの発音付き!!
「脳内パリ」にも大層役立つだろうと、興味津津。
使いこなせるかどうかは、別として。
なんだか、ワクワクしてしまう。
ただ今、パンフレットを熟読中。
結構それだけで、遊べるから不思議だ。

私の頭の中は、いたって単純な造りになっているようで、退屈することを知らない・・・・



もともと動物モノは、あまり気が進まなかった。
でも、まあ、流れHKUE 認可性というか、とりあえず、観た。

あきません・・・
すっかり、やられてしまった・・・
柴犬って、なんであんなにカワイイの??
(ちなみに、秋田犬の子犬は成長が早く、、子犬時代の撮影は柴犬で代用だとか)
大人になった秋田犬も、いい演技、名シーンの数々。
表情や、しぐさ、きゅんきゅん、きてしまう。

リチャードギア演じる、飼い主の大学教授。
ファッション、とても素敵。
リタイア前後の男性たちに、いいお手本になると思う。
ストーリー途中のどの段階で、死ぬのだろう、と想像しながら、
もう、そろ九龍數學老師facialそろ。。。このあたりか。。。そう思うだけで、涙のフライング。
まだ死んでもいないのに、先取り涙、、、、気が早い。

ほど強烈な快感だった


高層ホテルの窓の外に広がる街の灯が、果てた鮫島の目にぼ眼袋んやりと見えた。
 白いシーツの上の美しい女がほのかに浮かび上がった。
「よかった」
 そうかすれた声で言うと女は起き上がり、タバコに手を伸ばそうとした鮫島の下腹部にまた顔をうずめた。
「あっ!」
 頭に血がのぼってくるほど強烈な快感だった。鮫島は「ウッ!」と声をもらした。こんなに舌使いの上手《うま》い女は初めてだった。気がつくと、鮫島は肩であえいでいた。強い自制が必要だった。
 鮫島は右手を動かしシーツの下の拳銃《けんじゆう》を確かめた。
 鮫島はサイドテーブルに手を伸ばして、スタンドの明りをつけた。
「いや」
 と言いながらも、女はやめない。
 白い背中と形のいい尻《しり》が上下した。
 女は両手で鮫島のものをやさしく包み、飽きることなく顔を上下させている。
 この女はただものではない。しかし、この無防備ぶりはなんだ。
 いま銃をこの女の頭につきつけ、引金を引けばそれで済むことだ。しかし鮫島はそれができなかった。
「もうよせ」
「もっと」
 女の喉《のど》はどれほど深いのか鮫島のものは根元まで飲みこまれていく。女は舌の裏を使いだした。
 鮫島の額に汗が物理課程にじんだ。
「後ろを向け」
 鮫島は女のくびれた胴をもちあげうつ伏せにし、シーツの上にひざまずき、女の腰を両手で抱えた。
 豊かな乳房が、つり鐘のように垂れている。それを強くもみしだいた。
 女の背中が快感に耐えられないように小刻みに震えた。まっ白い艶《つや》やかな尻が目の下にある。それは柔らかく、豊かで唾《つば》を飲みこむほど美しかった。
 女は両手をシーツにつき、その尻を突きだしてきた。その陰からのぞく花びらが、蜜で濡れて光っていた。
「来て」
 悶《もだ》えながら、女は白い尻を振った。
 鮫島は思いっきり尻をもちあげ両手でそれを分けると自分を補濕つきたてた。
「ああ」
 充足した女の声が、ゴブラン織りのヘッドボードにはねかえる。
 シーツをかきむしって快感を訴える。

皇子の目が覚


「その理由はいずれあなたの耳にも入るでしょうが、ことは盟主国であるセア皇国に関わります。今は申し上げられません」
「出すぎたことを申し上げましたわね」
 軽く頭を下げて、トールは口元の笑みを消した。
「でも、今日はもう山越えは無理でしょう。出発はどうなさるおつもりですの?」
「明日の早朝には馬が届くよう手配しています。皇子の目が覚旅遊資料めたら、東塔にお越しいただいて、用意が整い次第すぐに発ちます。今夜は寮舎の警備も強化させますし、あなたは何もする必要はない」
 灰緑の瞳にちらりと警戒の光を浮かべて、イースは傍らの従者を振り返った。
「ですがその前に華欣自由行、塔に不審なものがないか調べる必要があります。あとでこの者に東塔の見取り図を渡してください」
「わかりましたわ」
 にっこりと従者に微笑みかけると、まだ子供のような顔をした少年は、顔を真っ赤にして頭を下げた。
 と、イースの顔がわずかに険を帯びた。
「そうそう、忘れるところでした」
 背後を振り返ると、イースは駆け寄った従者から、小さな籠《かご》を受けとった。
「手ぶらであなたの元を訪れるわけにはいきませんからね。今回は時間がなくてろくに選ぶ暇がありませんでしたが……」
 前置きとともに差し出された籠を、トールは慎重に受けとった。
 今度はどんな高価な品かしら、と、そっと溜息《ためいき》をついたトールの腕の中で、籠がごそりと動いた。
 慌てて蓋《ふた》を開けたトールは、中を覗き込んで目を瞠った。
 ぱたんと黒い尻尾が動いた。
 みれば、手のひらほどの大きさの黒い獣が蹲《うずくま》っている。警戒しているのか、耳を伏せ、獣はじっと息を潜めてトールを見上げていた。
 大きな灰緑色の瞳に、トールは一瞬目を奪われた。
「まあ、ネコ?」
 西国イスラッドの稀少動物だ。
「ネコをご存知名創優品山寨でしたか。イスラッド王からいただいたのです」
「実際に見るのは初めてですわ」
 籠を館の人間に預け、中から抱き上げると、ネコはだらりと体の力を抜いて、トールの腕の中でごろごろと空臼《からうす》を挽《ひ》くような音をたてはじめた。
「変わった鳴き声ですわね」
「喉を鳴らしているのです。アシュは新しい主人が気に入ったようだ」
「|アシュ《月》?」

その態度が気に

あぁ。話進まないじゃない。とりあえず中入れ」
「あ、ごめん湯川」
「ごめんなさい。湯川さん」
 私と晴美はそう言って奥へと入る。その態度が気に入らなかったのか、湯川麻子が「もう」と牛のような声を出す。

「なんでそんなによそよそしいのよ。同じ部員で同じ学年でしょ。私のことは麻子でいい。私も、聖香、晴美って呼ぶから」
「じゃぁ私は葵で」
「久美子」
 ここぞとばかりに先輩二人が会話に入って来る。いや、でも先輩は呼び捨てに出来ないから葵先輩と久美子先輩かな。

「あれ? そう言えば、なんで私の名前を知ってるのかな」
「昼休みに永野先生に聞いたの。って、なんで晴美は私の名前を知ってるの」
 麻子が不思議そうな顔になる。

「聖香が言ったから、そのあとに続いて言っただけかな」
 晴美の苦笑いに麻子は意味が分かったらしく、赤面して大人しくなった。
「やっと静かになったわね。みんな聞いて」
 葵先輩の一言に私達は一斉に注目する。

「今日から、この六人で女子駅伝部が正式にスタートよ。もちろん目標は都大路出場!」
 かなりのハイテンションでそう言いながら葵先輩が指を指した先には
『目指せ!都大路 桂水高校女子駅伝部』
 と書かれた手書きの横断幕が壁に貼り付けてあった。

「あれ、昨日まではなかったのに。もしかしたら、葵さんが作ったのかも」
 私の横にいた麻子がそっと耳打ちして来る。

「ところで聖香。都大路ってなに?」
 さらに声を小さくして恥ずかしそうにする麻子。あ、そうか。麻子、中学はバスケ部だから知らないのか。

「十二月にある全国高校駅伝が行われる京都のコースをそう言うのよ。つまりは駅伝の全国大会。各県で一チームしか出場できないの」
 私も小声でそっと教えると、麻子もなるほどと頷いた。

 駅伝部に入って最初の土曜日。基本的に土曜日は午前中が練習時間となっている。無事に練習も終わり、部室にみんなで戻って来る。そう言えば、私自身、この明らかに物置にしか見えない建物を部室と呼ぶことに違和感が無くなっていた。慣れと言うものは恐ろしい。まぁ、中にはブルーシートが敷いてあり、その上で着替えたりしているので綺麗ではあるし、広さも12畳くらいありシューズを置くための棚と古いスチール製の机がある意外は何もなく、快適ではあるのだが。

「あぁ、お腹すいた」
「私も葵に同感」
 部室に入るなり、葵先輩と久美子先輩がお腹を押さえながらだるそうに言う。と、思うとイキナリ葵先輩が私達の方を見る。

「ねぇ、せっかくの土曜日だし、みんなでお昼を食べに行きましょう。一年生の歓迎会を兼ねて。」
 その一言にみんな目を輝かせる。そうと決まれば善は急げと、全員急いで着替え、学校から一番近いファミレスへと自転車を走らせる。

 店内に入り、何を食べようかと吟味していると、葵先輩がボタンを押す。すぐにウエイトレスがやって来て、葵先輩がオーダーする。

「えっと……オムライスカレー、たらこスパ、和風ハンバーグ単品、から揚げバスケット、野菜炒め盛り合わせ、チーズドリア、イタリアンピザ、卵焼き、すべてひとつずつでお願いします」
 ウエイトレスが注文を繰り返し、厨房へとオーダーを伝えに行く。

「葵さんよく来るんですか? あたし、何にしようか決められなくて困ってました」
「同じく。まずは今の注文分を食べきって、まだ入るようなら追加しようかな」
 麻子と晴美がそう言いながらメニューを閉じる。

「それ、勘違い。あ、一年は初めてか」
 久美子先輩は自分で言って一人で納得していた。
「今頼んだ注文、みんなの分じゃないわよ。あれ全部うちの昼御飯だから」
 その一言に私達一年生四人は目を丸くする。

 そして、次々に注文の品がやって来て、すごい勢いで葵先輩の体に収まっていくのを目の当たりにし、私達は自分の御飯を食べるのも忘れ、あぜんと見ていた。

「ちょっとありえないかな」
「これはすごいかもぉ」